RJET

RJET - RJETの声

Voice 4

Ryota Tanida
  • 上海
  • Ryota Tanida
  • RJET No.2

現在の仕事内容とタイトル

RJET卒業後、ヒルトン東京ベイ料飲部レストランコーディネーターとしてフォレストガーデンに勤務しました。その後、レベニューアナリストとしてヒルトン東京ベイ営業推進部にて勤務。ヒルトン沖縄北谷リゾート開業に際し、レベニューマネージャーとして配属され、約2年間勤務。2016年1月よりクラスター レベニューマネージャーとして上海のレベニュー・マネージメント・センターに配属。

なぜRJETを選んだのか?

ホテル経営学をアメリカの大学で専攻していたので、就職先はホテル一本に絞っていました。その中でもいち早くホテル経営に携わる事が出来るRJETはとても魅力的で、これしかないと選考が始まる前から決めていました。選考が始まってから、面接で聞かれる内容や選考方法が他のホテルとは違いユニークで、さらに惹きつけられました。選考が終わるころには他にも内定を頂いておりましたが、迷わずRJETを選ぶ事が出来ました。

ヒルトンでなぜ働き続けるのか

1番の理由は、一緒に働くチームのメンバーが素晴らしいからです。これまで5つの違うホテル、そしてコーポレートオフィスで勤務してきましたが、どの勤務地でも目標となる先輩方がいて、その方々に少しでも近づこうと過ごしてきて、振り返ると6年もの歳月が経っていた、という感じです。

RJETトレーニングを振り返って

トレーニング中は色々な事を上手くやらなければ、結果を出さなければ、というプレッシャーを毎日感じていました。そして、自分が頑張る事ばかりに目が行ってしまい、他の同僚の皆さんとの連携・協力を疎かにしている時期がありました。もちろん、良い結果も出ませんでしたし、周りの皆さんに迷惑を掛けてしまいました。その際の副総支配人に、「自分だけで頑張るのはマネージャーではない。チームメンバーが頑張りたくなるような環境を作るのがマネージャー。そしていい結果が出たときはチームのおかげ、悪い結果が出たときは自分の責任と言える人がマネージャーだ」と、教えていただきました。その言葉を胸に、毎日チーム一丸でプロジェクトに取り組んでいます。

お休みの日はどのように過ごしているか

友人と食事や買い物、もしくは読書をして過ごす事が多いです。また、上海在住のチャンスを活かして、中国国内旅行などにも出かけています。 休みの日は、仕事の事はほとんど考えず、メールチェックを日曜日の夜に5分ほどする程度にしています。

自分のキャリアのゴールとその支援体制について

今は、営業推進担当の副総支配人になる事を目標にしております。勤務地は日本に限らず、世界のどの地域でもいいと思っています。その目標を達成するための支援体制は万全です。週に1度は上司と自分のキャリアについて話す時間を取っていただけますし、世界中のヒルトンでどんなポジションがあるか説明してくださる、キャリアフォーラムも年に1-2回開催してくださいます。
さらにトレーニングコースも充実しており、技術的なものや人材管理に必要な行動特性を伸ばすものなど様々なコースを受講できます。自分がなりたいと思い、努力すればどんなポジションにでも就くことができる環境が整っています。

就職活動をする皆様へメッセージ

就職活動は、会社側が学生の皆さんを選考するだけのものではありません。皆さん自身も会社を選ぶ事ができる場だと思います。もしかしたら、一生共に歩んでいくかもしれない人生のパートナを選ぶ重要な時期です。後悔の無い様に、しっかり相手(企業)を見極めてください。RJETの先輩、後輩のみんなもヒルトンが最高だと、ヒルトンしかないと思って入社してきた人たちばかりです。皆さんも、そういった相手とめぐり合える事を願っています。そして、その相手としてヒルトンを選んでいただけるのであれば、一緒に働けるのを楽しみにしております。

  • 募集要項
  • RJETの声
  • RJETの一日
  • よくある質問

Page Top