RJET

RJET - 先輩の声

Voice 17

Akiko Takahashi
  • Akiko Takahashi
  • ヒルトンネピドー・ヒルトンガパリリゾートアンドスパ
  • RJET No.1

自己紹介

2010 Hilton Tokyo as RJET
2011 Hilton Niseko Village as RJET (Chef Concierge and Assistant F&B Manager)
2012 DoubleTree by Hilton Naha opening as Food and Beverage Manager
2014 Conrad Tokyo as Executive Lounge Manager
2015(現在) Hilton Nay Pyi Taw/Hilton Ngapali Resort and Spa as Cluster Japanese Sales Manager
ヒルトンネピドー・ヒルトンガパリリゾートアンドスパ統括ジャパニーズセールスマネージャー
業務内容:ミャンマーの首都に昨年10月にオープンしたヒルトンネピドー、そして続く12月にオープンしたビーチリゾート、ヒルトンガパリリゾートアンドスパの主に日本人顧客向けの営業

RJETトレーニングを振り返って

RJETのトレーニングは常に真摯に向き合うことの大切さ、そしてマネージメントという役職の素晴しさと重要さ、そして難しさを教えてくれた。でもなにより、その困難な2年間を過ごす中で信頼し、尊敬し合える上司、仲間、友人達とめぐり合わせてくれた。

今後のキャリアプラン

直近ではミャンマー統括営業(今後まだまだオープン予定!)ですが、可能性は無限大!この先はGMかもしれないし、コーポレートオフィスかもしれない。それがヒルトンの素晴らしさ。

学生に向けて一言

社会人になるということは、どこに行ってもとっても大変ということ。楽な仕事なんてないし、楽だと思ったらそれは自分が負けている証拠。つまらない仕事も、楽しい仕事もないけど、つまらないと思ったら自分が自分にチャレンジしていない証拠。
でも人にはそれぞれ“性格”があります。自己分析をたくさんしてみて下さい。外資が向いているか?ホテルってどんな可能性があるのか?ヒルトンワールドワイドってどんな会社か?目の前の“仕事”は部署移動や会社の方針転換であっけなく変わるものですが、会社は一つです。私は10年後の自分が人としてなりたい自分へ育てる環境だと思ってヒルトンワールドワイドのRJETを選びました。現在6年目でまだまだ未熟者ですが、いい感じに成長しているんじゃないかと自分では思っています。

そして、就職活動は最終的には“お見合い”です。お互いの思いがあり、タイミングがあります。
全力を尽くしたら、最後にはご自身に最も適した未来が開けると信じています。

  • RJET
  • 募集要項
  • 卒業生の声
  • よくある質問

Page Top