RJET

RJET - RJETの声

Voice 17

Yuno Itoi
  • ヒルトンニセコビレッジ
  • Yuno Itoi
  • RJET No.6

現在の仕事内容とタイトル

現在はヒルトンニセコビレッジでアシスタントマネージャーをしています。
一年目をコンラッド東京、二年目はヒルトン沖縄北谷リゾートでRJETトレーニングを受けました。

なぜRJETを選んだのか?

ホテルの支配人になりたいと言う長年の夢を持ちつつ、どうやってなるかという現実的なキャリア像が描けないまま就活ではホテルオペレーションには縁がない商社やメーカー、エネルギーなど幅広い企業を受けていました。
ホテル業界は一つも受けていませんでしたが、ある日ヒルトンのRJETというプログラムに出会いました。説明会を聞いた後、自分の夢とキャリア像が運命のように一致し、自分はこの会社に入り夢を叶えるしかないと感じ、RJETを選びました。

ヒルトンでなぜ働き続けるのか

RJETだからこそ、三年目にしてアシスタントマネージャーのポジションをいただき、実際にチームを持ち、ビジネスに貢献するための結果を出せるよう自分のチームをマネージするという大きな責任を持つようになったからです。これはRJETでなければこんな貴重な経験と挑戦はさせてもらえないと思います。

RJETトレーニングを振り返って

プロジェクトなどでマネージャーの方々と物事を進めないといけないときに、はじめは相手にもしてもらえなかったり、無理、の一点張りだった人たちとうまくコミュニケーションを取り、自分の味方にできたときの喜びはとても大きかったです。また、オペレーションの中で、制服ではなくスーツを着用しているとマネージャーだとゲストからは認識されるので、コンプレなどで自分が呼ばれたときはマネージャーと言う意識で接客をしていた。

お休みの日はどのように過ごしているか

ニセコでは休みの日にはいろんなレストランへ行き、ローカルのお店をゲストに教えられるよう勉強しています。また会社の同僚とドライブへ行きます。

自分のキャリアのゴールとその支援体制について

配属先は自分で選べませんが、どこにいても自分が総支配人を目指すことをやめなければ周りからのサポートは大きいと思います。 将来総支配人になるための一歩一歩を進んでゆく中で、トレーニング、メンター制度、そして何よりプロパティーのGMからのサポートは大変大きいです。

就職活動をする皆様へメッセージ

RJETは自分の意見、アイディアを人と共有でき、かつ決まった目標を達成するために自ら進んで動く力がある人。なんでも器用にできる人が向いていると思います。
RJETには同じような性格、タイプの人はいません。それぞれが個性を持ち、自分らしさを出していけるのがRJETだと思います。

  • 募集要項
  • RJETの声
  • RJETの一日
  • よくある質問

Page Top