RJET

RJET - RJETの声

Voice 16

N.A
  • ヒルトン東京ベイ
  • N.A
  • RJET No.6

現在の仕事内容とタイトル

一年目:ヒルトン名古屋(全部署) 二年目:コンラッド東京(レストランサービス)
三年目現在:ヒルトン東京ベイ(経理、Asia Pacific Finance Graduate Trainee 1st year)
二年目の途中からAPAC Finance Graduate Programという別のプログラムに転向しました。Finance GraduateはRJETと同じ幹部候補生育成プログラムですが、①将来の経理部長を目指す②三年間、三か国で研修を積む、という二点で違いがあります。現在はヒルトン東京ベイで、経理部の業務効率化に取り組んでいます。

なぜRJETを選んだのか?

①国際的な職場環境で働ける
②マネージメント能力を身に付けられる
③自分が興味のある事業を行っている
の3つが私の就職活動の軸でした。RJETプログラムは、この三点にぴったり当てはまると思います。併願企業としては国際的に活躍の場がある商社や航空の総合職を見ていました。不動産、ディベロッパーも志望度が高かったです。

ヒルトンでなぜ働き続けるのか

私が働き続ける一番の魅力は人を大事にするヒルトンの社風です。どこのヒルトンでも共通してRecognitionの文化が深く根付いており、素晴らしいサービスを提供した人や他の人のモデルになるような行いをした人、笑顔の素敵な人、お誕生日の人、何かにつけて積極的に認め合い、皆でお祝いします。最初は正直暑苦しいなと思いましたが(笑)、気持ちよく働ける環境作りが自然と行われているのはヒルトンの魅力の一つだと思います。

RJETトレーニングを振り返って

ホテル全体に関わるプロジェクトに携われることが、私が思うRJETの醍醐味です。RJET一年目から自分がリーダーとなるプロジェクトを何かしら任されます。入社直後の何もわからない中、RJETに期待されているのは社内で部署を超えてなるべく多くの協力を得ることです。将来マネージャーを目指すため欠かせない様々なスキルを凝縮して学ぶことができたと思います。

お休みの日はどのように過ごしているか

”Work hard, but DO NOT work long“ 総支配人の口癖です。決められた時間内に一生懸命働き、定時を過ぎたらプライベートな時間を満喫することが推奨されます。私は経理に異動になってからは時間が規則的になったので平日の夜でも友達と飲みに出かけたりしています。名古屋にいたころは犬山城や伊勢神宮など近場の観光地にもよく足を延ばしていました。

自分のキャリアのゴールとその支援体制について

3年以内に経理次長、7年以内に経理部長になることが目標です。
キャリアパスのどこかで新しいホテルの開業準備にも携わってみたいと思っています。
直属の上司とは日々業務上のことで色々と相談していますが、月一回を目安にトレーニングの進捗報告と短期目標の見直しをしています。加えて年に一度、一年の振り返りと将来のキャリアパスを考える面談があります(これはRJETに限らず全社員に行われます)。この面談は単に業務の振り返りに留まらず、自分の強み・弱みを客観的に把握することが出来る非常に効果の高い制度だと思っております。

就職活動をする皆様へメッセージ

直感を信じること。私が就活中大事にしていたことです。初めから自分のやりたいことが明確な人などごく少数だと思います。就職活動を通して色々な人や会社に出合い、そこで感じた違和感やさらっと吐いた本音の中に、自分が人生で大切にしている価値観が見えてくるのではないでしょうか。
RJETは色んな人がいます。各々のスタイルで自分らしいリーダーシップを発揮できればそれでいいという会社です。
ヒルトンは誰でも素の自分を尊重してくれる会社です。一度遊びに来てください。もし少しでも居心地が良いなと感じたら、是非RJETというキャリアに挑戦してみて下さい。

  • 募集要項
  • RJETの声
  • RJETの一日
  • よくある質問

Page Top