RJET

RJET - RJETの声

Voice 13

Haruna Tanabe
  • ヒルトン東京ベイ
  • Haruna Tanabe
  • RJET No.6

現在の仕事内容とタイトル

RJET1年目:ヒルトン沖縄北谷リゾート
RJET2年目:ヒルトン小田原リゾート&スパ/ ヒルトンニセコビレッジ
本配属:ヒルトン東京ベイ アシスタントリザベーションマネージャー

なぜRJETを選んだのか?

小学生の頃から「ホテルで働くこと」が夢でした。数あるホテルの中でもヒルトンを選んだ理由は、外資系ホテルチェーンによる初の日本進出であり、革新的な技術やシステムを導入し、業界をリードするヒルトンに魅力を感じたからです。また、RJETというホテルのマネージメントに1年目から携われるプログラムも他社には無い取り組みであり、ヒルトンを選びました。

ヒルトンでなぜ働き続けるのか

ヒルトンはとてもフレンドリーな社風で、従業員ではなく「チームメンバー」と呼んだり、上司を部長・課長など肩書きではなく「~さん」と呼ぶとてもオープンな雰囲気です。ただ、もちろん仕事ですので、仕事中は厳しく・仕事外ではフレンドリー、というオン・オフのはっきりしている社風が他社にない魅力であり、ヒルトンで働き続ける理由のひとつです。

RJETトレーニングを振り返って

RJETの2年間はマネージメントスキル・コミュニケーションスキルに向き合う日々でした。RJETでは毎年プロジェクトを任せて頂きますが、全部署との連携や自分のチームを率いるマネージメント力を1年目から必要とされます。もちろん、簡単なことではありませんし、卒業した今も尽力すべき点ですが、チームメンバーからのサポートを得ながらひとつのプロジェクトを完成させたときは言葉に代えがたい達成感をチームと共有することができます。

お休みの日はどのように過ごしているか

ヒルトンはオン・オフのハッキリした社風で、サービス業ではなかなか無いと思っていた有給や連休も年間多く取得させて頂いております。私自身沖縄出身ですが、毎年長期休暇を頂き帰省したり、海外旅行を楽しむなど休みを満喫し、リフレッシュして気持ち新たに仕事に励んでいます。

自分のキャリアのゴールとその支援体制について

RJETの2年間は主にオペレーションに携わっていましたが、ホテル全体はどう運営しているのか営業・経営の観点の知識を深めたいと思い、本配属は営業推進部・宿泊予約課を希望しました。このようにヒルトンは「やりたい」という意思を強くもっていれば全力で支援してくれる会社です。また、RJET期間中は全部署のマネージャーからのフィードバックを頂けるので、自分のキャリアプランについて相談できます。

就職活動をする皆様へメッセージ

就職活動中は様々な業界の説明会に参加し、自分の将来について考える、なにが正解かわからなくなる方もいらっしゃると思います。ただ、ホテルは平均以上にホスピタリティ精神を持ち合わせた方々が働いているあたたかく、他に類を見ない業界です。その中でもヒルトンはとてもフレンドリーな社風で、RJETというチャレンジングなトレーニングに挑戦することもできます。自分で新しいことを企画・提案すること、コミュニケーション力に自信のある方、またホスピタリティ精神に溢れている方はぜひ一度RJET説明会へ足をお運び下さい。

  • 募集要項
  • RJETの声
  • RJETの一日
  • よくある質問

Page Top