RJET

RJET - RJETの声

Voice 6

Mariko Nitta
  • ヒルトン東京お台場
  • Mariko Nitta
  • RJET No.3

現在の仕事内容とタイトル

ヒルトン東京お台場で宿泊予約スーパーバイザーをしています。常にどのようにしたらお客様にお部屋やレストランの魅力を伝えられ、ご予約をしていただけるご案内ができるのか、また数字の面でも、いかに満室・満席に持っていけるのかを見ています。ホテルの中枢を担う部署の一つをまとめている立場です。

今までの経歴:
2012年4月 RJET3として入社
2012年4月-2013年3月 コンラッド東京 全部署にてトレーニング
2013年4月-2014年3月 ヒルトン福岡シーホーク 
オペレーションを中心にトレーニング(エグゼクティブラウンジ、フロント等)
2013年12月 ヒルトンニセコビレッジにサポートとしてフロント配属
2014年4月-2016年4月 ダブルツリーbyヒルトン那覇 宿泊予約スーパーバイザー
2016年4月-現在: ヒルトン東京お台場 宿泊予約スーパーバイザー

なぜRJETを選んだのか?

将来、自分のホテルを持ちたいという夢があったため、2年間の研修後に自分のチームを持てるスーパーバイザーやマネージャーに着任でき、自分の夢に少しでも近づくチャンスがあることに魅力を感じました。

ヒルトンでなぜ働き続けるのか

研修期間、卒業してからもそうですが、若いうちから色々な部署を経験し、マネージャー・将来の幹部を目指してトレーニングを行い、実践する機会がたくさんあるのはヒルトンならではだと思います。また、卒業後は実際にチームをまとめる立場、また数字を常に見ながら仕事をしているため、自分がトレーニングを行ったチームメンバーが育っていくところ、自分が考えた戦略が成果として現れるところを目の前で見られることも魅力的です。

RJETトレーニングを振り返って

ヒルトンニセコにサポートで行った際、シーズンスタッフで来ていたチームメンバーと既存のメンバーの思いや働く姿勢が異なり戸惑いがありました。短い3ヶ月の間ではありましたが、フロントシステムを完全にマスターし、トレーニングプランやマニュアルを作成し、自分がトレーニングを行ったチームメンバーが今ではヒルトンの正社員として働いている姿を見た時、また、私のトレーニングで色々学ぶことが出来たといってもらえたときは凄く嬉しかったです。

お休みの日はどのように過ごしているか

お休みはなるべく外出し、異業種の友達と交流をして、なるべく色々なところに足を運ぶようにしています。その理由としては、宿泊、レストランをご利用される方は様々な背景をお持ちの方が多く、どういったことに興味を持っているのか流行を知ることが求められること、また、自分が経験したことをお話したほうがスムーズにご案内が出来るからです。実際、那覇に着任していた際、お客様が利用されるツアーなどに実際に参加して、案内に活かすことが出来ました。

自分のキャリアのゴールとその支援体制について

1年以内に、リザベーションマネージャーに、5年以内には、営業統括部長を目指しています。ヒルトンでは、一つの部署だけではなく、自分の挑戦してみたいことを相談できる場が沢山あり、自分の目指す道を切り開くチャンスが沢山あると感じます。

就職活動をする皆様へメッセージ

RJETにはこういったことをやってみたいという何か新しいことに挑戦する気持ちを持ち、自分一人ではなく、周りを巻き込むリーダーシップを持った方が多いように思います。若いうちからこういうことをやってみたい、自分のチームを持ってみたいという強い気持ちがある方には、ぜひ挑戦してもらいたいです。

  • 募集要項
  • RJETの声
  • RJETの一日
  • よくある質問

Page Top